TOPきらめき不動産の戦略

Strategy
of Kilameki

不動産投資には戦略が必須。
ここではポイントをご説明いたします。

人の世には潮があって、
満潮に乗り出せば幸運をもたらし、
無視すればその航海はすべて、
浅瀬に乗り上げ不幸に終わる。

There is a tide in the affairs of men,
which taken at the flood leads on tofortune;
Omitted, all the voyage of their life is
bound in shallows and inmiseries.

by Shakespeare

不動産投資における
潮時とは

What is the tide of real estate investment

インダストリー4(第四次産業革命)の波は不動産投資マーケットにも押し寄せてきています。
アパートマンションをつくれば入居が決まるという時代は過去のものとなりました。
これからの不動産投資は 入居者のターゲティングを今まで以上にしっかりと行うことが必須となります。
エリアマーケティングは当然であり、
それと同時にターゲットの趣味嗜好、時代のニーズを踏まえた商品を選択する必要があります。
逆に言うと今までと同じ考えで物事を進めてしまうと、
暗礁に乗り上げることになるし、逆にうまく時代の波に乗れば新しい時代の不動産投資を
スムーズに開始することが可能になると言えます。

潮時を見極める
3つのポイント

Three points to see when the tide is rising

インダストリー4

AI・IOT・フィンテック・クラウドファウンディングなど、これからの不動産投資を取り巻く環境はめまぐるしく新しいも のが出て来ます。もしかすると、近い将来仮想通貨での不動産決済の時代が来るかもしれません。 技術の進歩により取引の在り方が変わるのは歴史を見て分かる事実。半歩先を予想して、また日本よりも不動産取引のレベ ルの高い国を模倣して、これからの市場動向の波に上手に乗ることが大切です。

コンセプト

「人口は減るけれど、中学受験をする小学生は増える」、大量生産や画一的サービスから脱却をしないとこれからの不動産 投資は勝てません。 テーマを持ち、ハイクオリティなカスタマイズの施された物件がこれからは勝ち組不動産投資となることでしょう。

エコノミクス

今後の経済がどの方向を向くのか。景気動向指数、新設住宅着工戸数、長期国債利回りの推移、東証株価指数、東証REIT 指数や為替相場などこれらの指標は不動産相場と非常にリンクをしています。 過去から未来へ、そして今どのようなトレンドにいるのかは、経済分析無しでは語れません。

戦略を遂行するための
マネーコンダクターの
スキル

Money Conductor's skills to carry out the strategy

  • 初期分析スキル

    不動産投資はその参加プレイヤーがどのステージにいるかにより、どのような戦略を選択するかが非常に重要。そのステージとは年齢・年収・自己資金・リスクテイクのレベル等により様々であり、万人に共通するものはないと言える。その初期分析を弊社のマネーコンダクターがしっかりと分析し、将来のヴィジョンを共に描くことを約束します。

  • 情報収集選択スキル

    WEBの普及により、収益不動産情報は日を追うごとに増加しています。初期分析を終えた方が、具体的にどの物件をセレクトすれば良いかをサポート致します。単純な利回りのみならず、NPV・IRRまでをも考慮した上で法人で購入した際の積算値や簿価、また継続して融資が可能になるようなファイナンスのアレンジなどをサポートします。

  • 買換え提案スキル

    人口減少の今、不動産投資はもはやアパマンだけの世界ではなくなりつつあります。好立地の商業テナント、ガレージハウス・トランクルーム・海外不動産・小口商品等、これから益々多様化する不動産投資のマーケットにおいて、現状保有している物件の中間分析、そして保有を継続か買換えをするのかをロジカルに分析し、また買換える場合の代替え商品の提案をサポートします。

買主・売主の皆様へ

Buyer / Seller

購入をお考えの方

まずは初期分析の徹底を入念な打ち合わせを通して行ってください。弊社のマネーコンダクターとディスカッションすることで、御自身では気づいていなかった発見があることも多くあります。逆に言うと初期分析がしっかりと完了すれば、進むべき道が見えますので不動産投資において大きな一歩を踏み出したことになります。数ある物件の中で「どれにしようか?」と選ぶよりも、自身に相応しい商品の焦点を絞ることが大切です。

売却をお考えの方

御自身の所有物件の将来のマーケティングを一度考えることが大切です。既に物件を所有されている場合は【保有】or【売却・買換え】の2択となります。買い時があれば、売り時もあるのが不動産投資マーケット。売却をしないということは【売却によって得られる利益を放棄すること】と同義となります。今後伸びゆくマーケットへの買換えは自身の資産の最大化の手助けとなるはずです。

我々はなぜ
マネーコンダクターと
呼ぶのか?

Why are we called Money Conductors?

良い投資は未来を変えるをモットーに
我々は独自の戦略のもとスキルをつけ
より良い投資をご提案します。

MORE 

セミナーで
詳しい話を聞く

Listen to detailed stories at the seminar

投資のヒントとして
是非ご参加ください。

MORE 


購入をお考えの方 売却をお考えの方 お問い合わせ