リフォームとリノベーション、どちらを選択するかはその物件の状態やオーナーの状態により区々です。
特に費用が多く発生する場合などはそれも投資としてしっかりと分析する必要があります。
売却出口をどの程度先に控えているのか、しっかりとグレードアップして賃料を上げ、物件の資産価値を上げて大きな売却益を狙うのもひとつ。

また敢えて簡易的なリフォームだけで済ます方がよい状態もあることでしょう。
また同じ素材を使用するにしてもターゲットとする入居者の年齢層により、選択する色合いも異なります。
きらめき不動産では可能な限りの情報を収集してその時にベストなご提案をさせて頂きます。

きらめき不動産のリフォーム・リノベーション ご利用者の声

  • 声1

    築古物件を購入してリノベーションをしました。きらめきさんの商品の「きらリース」です。リノベーションは実際費用が掛かることですので、本当に相場よりも賃料アップが実現できるのか不安がありましたが、「きらリース」は家賃保証プランもあるのでそれを選択しました。おかげさまで予想収支通りの運営ができております。

    東京都 Y.K様

  • 声2

    長期入居者が退去した後、室内が思いのほか汚れており通常現状回復だけでもそれなりの費用が掛かる状態でしたので、すこし予算を増やし表層リノベを施しました。物件の所在エリアがリノベ物件が数少ないエリアであったことも有利に働き、短期間で新規入居者が決まったので結果オーライでした。

    東京都 D.S様

  • 声3

    少し広い部屋を所有しており、入居者が出たタイミングでリノベーションをして売却しました。売却の時期を見据えての提案をきらめき不動産から受けて、リノベーション費用を上回る効果を得られたことに大変感謝しております。

    神奈川県 S.N様