他社に任せていた管理を替えたい~B様のご相談

不動産投資は、購入後の「管理」が肝心

物件:一棟アパート 大家歴:三年目

アパート経営を始めて3年になる大家です。購入した仲介会社はきらめき不動産ではなく、その会社は管理をしていないため購入当初は自分で管理を試みました。しかしそれも2ヶ月程度で断念。私はウィークデーは通常のサラリーマンをしているため、その時間帯に入居者からの電話に応対するのは不可能であると身に染みて分かりました。

そこで購入した会社に紹介されたA社で管理を頼むことにしました。管理手数料は5%ということで、そんなもんだろうと思っていました。
賃貸管理と合わせて建物部分の清掃や点検などもお願いしていたのですが、毎月特に何も報告がなく平穏無事な日々が過ぎているのかなと思っていました。
ある日物件を自分で見に行ったところ、草は伸び放題、ゴミは散乱している、自転車置き場はグチャグチャと!全く管理がされていない状態でした。

また、1部屋空室が発生してから次の入居者が中々決まらず理由を聞くと、内見はそれなりに発生しているけれど保証会社の審査が通らないということでした。聞けばその管理会社の提携している保証会社は1社しかなく、そこそこ審査基準も厳しいというのです。審査基準が厳しく優良な入居者が付いてくれるのは嬉しいですが、審査基準に届かない入居希望者を切り捨ててその分空室期間が伸びてしまうのはなんとも歯がゆいものです。

きらめき不動産を選んでよかった点

そんな時に出会ったのがきらめき不動産です。1社目の管理会社で失敗しているので慎重にサービス内容を確認しました。入居者募集の方法や提携している保証会社の数、どのような保険を扱っているか、建物清掃に関しての報告はあるかなど。実際の管理契約書も見せて頂き詳細な説明を受けました。

全体をしっかりとカバーしていることと、一番の決め手になったのが空室発生時に地場の仲介業者さんにリーシング活動をしていただき、そこからの声をしっかりとオーナーにフィードバックし、その時に出来うる最善策を提案して貰えるということです。

アパート経営は放置では上手くいきません、しかし何をどうすれば良いかを判断するのも素人には困難でもあります。提案された案に対して乗るか反るかは大家次第ですが、アイデアが無ければ何も進みませんからね。
様々な角度から提案をしていただいており今では管理替えをして正解だったと満足しています。

不動産投資コンサルティング業 関連コンテンツ