きらめき不動産の強み

不動産価値の最大化

アセットマネジメント最高峰の国際ライセンスCCIM(事業用不動産投資顧問)とプロパティマネジメント最高峰の国際ライセンスCPM(不動産経営管理士)を有し、その考え方を日常の業務に落とし込み日々の業務に反映させております。
アセットマネジメント(売買)・プロパティマネジメント(賃貸)の目的は、オーナー様が所有する不動産からの最大収益(キャッシュフロー)を確保しその不動産価値の最大化を図ることです。

CPM・CCIM
強み

この目的を達成するためにその業態の中から徹底して利益相反行為(疑わせる行為も含む)を排除しています。同時に運用の透明性と説明責任を課しています。
また私たちはこれらを完全に理解しその業態に反映できる実行力(勇気)と能力、そして知識を持ち合わせています。

強み

例えば、最大のキャッシュフローを得るために運用不動産の稼働率を上げるあらゆる手法を体系的に修得しています。
またそれを安定且つハイレベルに保つ能力もあります。そして月額賃料については常にストリートレント(近隣の取引事例賃料)に比べ高い位置に設定出来るように市場の調査、分析はもちろん運用不動産のマネージメント能力をも備えております。

リスクマネージメント

強み

更には対象不動産のリスクマネージメントもその業態に含みます。
地域性や構造上(設備を含む)の問題や防犯上の問題はないか、それは将来に渡り普遍的であるか、運用不動産における環境問題は存在するのか、またその発生可能性はどうか、時間の経過によるテナントの危険負担は無いか等この業務も重要な業務の一つであります。

そして不動産価値においては運用不動産を金融資産としての観点から金融工学的評価計算を行い多方面に渡る投資指数を比較検証することができます。
これらを基礎にオーナー様の意図を反映させながら、実際の運用計画書、マネージメントプランを作成致します。
これらを元に運用前、運用途中、将来に渡り不動産価値の最大化を実現していく事ができるのです。つまりその指数から問題点を発見する能力がありそれを報告する。

そしてソリューションの幾つかを提案し、運用(マネージメント)に反映し改善を加え常に価値の最大化を図っていくのであります。

不動産投資コンサルティング業 関連コンテンツ