ご挨拶・企業理念

ご挨拶

人生における資産活用の柱としての不動産投資をプロフェッショナルな視点からサポート致します
後藤聡志

人生における資産活用の柱としての不動産投資をプロフェッショナルな視点からサポート致します

きらめき不動産は2008年7月に創業し、これまで多くの方に支えられ今日を迎えております。
資産運用としての不動産投資は時間を要します。
購入して終わりではなく、そこからステージが保有に変わり、最終ステージは売却や買い替えとなります。

ゆえにオーナー様とは5年~15年、20年といったお付き合いが必然となるわけです。
特に保有中は賃借人あっての投資となるため、ソフト・ハード問わず様々な事が発生します。
それに対して最善のアドバイスを提案させて頂き、オーナー様と二人三脚となって売却というゴールを目指す。

短くない道のりだからこそ安心出来るパートナーが大切です。
アセットマネジメント・プロパティマネジメント両輪でオーナー様を支え続けていくことを使命とし常にベストな提案を追求し続けて参ります。

代表取締役 後藤聡志

企業理念

不動産投資のプロフェッショナルアドバイザー集団としてのプライドを高く持ち、
クライアントの利益を何よりも優先して思考し行動すること

プロパティマネジメント最高峰のライセンス「CPM(Certified Property Manager)」(不動産経営管理士)の倫理規定を遵守することから始まり、保有する期間に応じた貨幣の現在価値までをも考慮し、どの程度のキャッシュを投下して始めるか、そして出口をどう考えるか、などプロフェッショナルならではの戦略を実務経験とリンクさせクライアントの満足度の向上に努めると共に、自らも常に研磨を継続しレベルの向上に努めること。

不動産投資市場が拡大し取り扱い業者も増加するなかで、安心できるパートナーを如何に探すかということは投資家様にとって非常に重要な事柄です。「不動産を買う前にCPMを買え」という言葉の通り、常に投資家様方から選ばれる存在で有り続けます。